30代で年収1000万の職業|あなたもできる稼げるキャリアアップ

30代で年収1000万円欲しくないですか!
サラリーマンのあなたがどのような職業であれば到達できるか調査してみました。
この記事ではこんなことがわかります。
★30代の今から年収1000万狙える職業
★年収1000万の職業への到達手順

30代でも年収1000万を到達できる職業!

以下のようないろいろな職業で1000万円の年収を稼げます。
★医師
★弁護士
★公認会計士・税理士
★大企業サラリーマン
★外資系企業サラリーマン
★国家公務員
★大学教授
★パイロット
★ITエンジニア
★企業経営者
(起業して成功した場合は除いています)
どうですか。沢山あるでしょ。
でも聞こえてきそうです。
「今から、無理じゃん」
そうです。30代のサラリーマンが、例えば今から医者を目指すのは現実的ではないですよね。
では上記の職業が30代でも1000万稼げるとして今から挑戦できる職業はどれでしょうか。
➀大企業のサラリーマン
➁外資系企業のサラリーマン
この2つが現実的に職業としてなれそうです。

大企業のサラリーマン

大企業の社員であれば、年収1000万円は比較的クリアできる通過点です。

東洋経済の調査では、上場企業のうち55社が平均給与1000万円以上です。大まかにいえば大企業の社員で年収1000万円に到達しない人は少ないのでは、、、

日本の大企業の場合は、職種によって年収が変わってくるという事はないのでともかく大きな企業の求人があれば申し込む姿勢が必要ではないかと思います。

外資系企業のサラリーマン

欧米や最近ではアジア系の外資系企業では、年収1000万円超えは普通にあります。特に営業系、IT系、コンサルティング系などは高い年収が見込めます。

でも、何もその業種でなくても外資系の企業は軽く1000万円を超える年収の人は多くいます。また一旦外資系にはいれば、その後転職を繰り返す人も多いので狙い目と言えます。

30代で年収1000万円に到達するには!

普通にサラリーマンを10年以上やっていて、医者などを目指すというのは現実的とはいえません。

30代のうちに年収1000万円を稼ぐことを決めてそれに向かて前進する必要があります。つまり、転職をどこかの時点で考えなくてはなりません。年収1000万円に達しやすい場合、その職種に転職するのはある程度のハードルがありますが、だからといって年収1000万円をあきらめることはないですよ。

たとえば、年収1000万円以上の求人を中心に求人を募集しているサイトなどからエージェントを通して転職サービスを利用するのもひとつの方法です。

キャリアカーバは、ビズリーチと並んでこの転職エージェントの中では、年収の高めの求人をたくさん揃えています。

30代で年収1000万円の職業につきたい人が登録すべき転職エージェントでしょう。ビズリーチと違いすべてのサービスが完全無料で利用できます。

★キャリアカーバ公式サイト★

CAREER CARVER