転職を成功、失敗する人|違いはどこにある?

転職を上手く成功に導きたい、失敗したくないと思うのはほとんど人お気持ちですね。

では、その成功する人、失敗する人の違いはどこにあるのか?

結論から言いますと、それは、「ゼロリセットの覚悟で臨み、成功を焦らない人」はうまくいくと言えます。

この記事では、「転職の成功する人」、「失敗する人」の違いを長年の転職エージェントコラムから見ていきましょう。

🤫 年収アップを実現!非公開案件を提供する転職エージェント!
▼▼「ビズリーチ」公式サイトはこちらから行けます。(登録無料)

 

転職を失敗するパターン:過去の表面的な体裁にこだわる

「転職 成功 失敗」の画像検索結果

長年何千人もの転職活動を見てきた、転職エージントのコンサルタントによりますと、 その中には申し分のないキャリアを持ちながらなかなか転職の成功に至らず失敗するする方が大勢いるようです。

うまくいかない理由はどこにあるのか?

採用担当者から聞いた不採用にした理由をいくつか見て失敗パターンを研究してみましょう。

肩書きにこだわる

企業はまず、一メンバーとして組織に馴染んでもらい、既存社員に認められた上で昇格させたいと考えています。それに対して、最初から「肩書き」を持つことにこだわる方がいます。

「肩書きがないと仕事ができないのだろうか?」

「少し遠回りしてでも部下側の立場を理解することで本質が見えると考えられないだろうか」

と疑問視され内定をもらえなくなるのです。

会社によってリソースが異なるのに過去の成功体験にこだわる

面接の場で、過去の成功体験や実績をアピールしすぎる方も少々問題があります。

もちろん、過去の実績は評価されますが、会社が変われば当然環境も利用できるリソースも異なるものです。転職後の変化を想定せず、これまでの成功体験が活かせると思い込んでいる人は懸念を抱かれてしまいます。

一方、経験をゼロリセットする覚悟で「挑戦する姿勢」を持った人は歓迎されます。

現場で経験を積むプロセスを拒む

これは、流通、小売、外食サービス業界などの B 2C(直接の顧客が個人消費者)企業で起こりがちなケースです。

本部スタッフ、統括部長などのポジションに応募した候補者が、店舗に配属されるのを拒むことがあります。企業側まずは、販売やサービスを体験し現場の課題をキャッチアップして経営戦略にかしてほしいと考えています。

現場を知ろうとせず、一足飛びに運営本部側に立ちたいと希望する人は、店やサービスを良くしていきたいという気持ちはあるのかという不信感を持たれるというわけです。

自分の職務範囲の枠から出ようとしない

「それは経験がないので私にはできない」

「それは私がすべき仕事ではない」

自らの業務に線引きをし、枠を越えようとしない方も問題になります。

「幅広い業務に柔軟に対応する姿勢がないかもしれない」という懸念から、採用を見送られてしまいます。意識を少し変える必要があるでしょう。

また、自分を少しでも高く売りたいと考え、企業側と過度に給与交渉する方も多いのですが、あまりおススメできません。

その会社の本来の給与水準よりも高い額で入社した場合、当然期待値も高まります。過度の期待を背負うと早く実績をあげなくてはという焦りが生じるもの。その結果、空回りして失敗するというのはよくあることです。

 

転職が成功するパターン:低姿勢で臨む!

「転職 成功 失敗」の画像検索結果

転職先の企業で活躍し、比較的順調にキャリアアップし、転職を成功に導いておられる方は、少ししゃがんだ姿勢で入社しています。

どういう事かと言いますと、肩書きを持たず、多少の給与ダウンもいとわず、その会社にできるだけ身の丈を合わせているケースです。

そうすることで、過度のプレッシャーを追うことも、既存の社員に警戒されることもありません。

そうして会社に馴染みながら、徐々に力を発揮し、周囲からも自然に認められるというわけです。

これまで得てきたものを、一旦すべてゼロリセットするぐらいの気持ちで臨む方が、転職活動もそして転職後もうまく運ぶと言えるでしょう。

🤫 年収アップを実現!非公開案件を提供する転職エージェント!
▼▼「ビズリーチ」公式サイトはこちらから行けます。(登録無料)

 

💮 併せて読みたい

30代の転職で『年収アップ』を狙える7つの超重要コツ・ポイントとは!!!
30代の転職と言えば年収をアップさせることが大きな目的の一つです。この記事では、将来に繋がる年収アップを実現した転職活動を実現するために、30代の転職において、どのようにしたら年収アップにつながりやすいか7つのポイントを絞りお伝えしていきます。